ルックルックイヌリンプラス

「インスリン」の機能低下が高血糖を招く

「高血糖・糖尿病」に関わる話題、そもそも「血糖値」に関わる要素として
欠かせない物質が「インスリン」であり、このインスリンというものを
しっかりと知っておくことが、高血糖を予防・改善するためには不可欠です。

 

何といっても、血糖値を下げることができる物質は
このインスリンだけであり(それまでには様々な物質が関わるが)
また「下げる」ことだけでなく「血糖値の全てを司っている」と言える物質でもあります。

 

インスリンが機能していない、ということ自体が
血糖値にまつわる問題全てに関わっていると言っても過言ではありません。

 

インスリンの効果が得られなくなることで高血糖状態になる

 

「高血糖」更に進行した「糖尿病」に至る
直接的な原因としては、

  • インスリンの絶対量が足りない
  • インスリンが機能しない

 

主に以上の2つの状態が、影響しています。

 

「絶対量」が足りなくなる

 

インスリンは「膵臓」の「ランゲルハンス島」と呼ばれる部分で
作られる「ホルモン」であり、当然のことながら「生成(分泌)」されなければ
その機能・働きを、体が受けることができません。

 

まずはインスリンの「量」が足りなくなることで
血糖値を下げる物質が不足し、高血糖に至ります。

 

症状が進行することで「ほぼ分泌されない」状態に至ることもあり
こうなってしまうと、血糖値を下げようがありません。

 

働かない・体が機能を感じられない

 

「インスリンが機能」しないという状況は
インスリンの働きを「体が受容しない」というような
いわゆる「麻痺している」状態になります。

 

この状態は「インスリン抵抗性ができてしまう」と表現されることもあります。

 

いずれにしても、
体内でインスリンが作れない・機能しないということになれば
「インスリン療法」と呼ばれる、注射器等によって
外部からインスリンを投与するしかなくなるのです。

 

肥満がきかっけとなる

 

以上のインスリンに関するトラブルが起きる要因としては
「暴飲暴食の繰り返し」であると言えます。

 

日々、急激な血糖値の上昇を招くこと
それによって、大量のインスリンが分泌されることで
インスリンの分泌機能にダメージが積み重なっていくこと
それによって、最終的に分泌量が減ってしまったり
効かなく(感じなく)なってしまうのです。

 

この一連の流れが、<常時>高血糖状態を招く
一般的な仕組みになりますが、それに加えて
そもそも「太っていること」もまた、インスリンにトラブルを起こす要素になります。

 

「脂肪」がインスリンの邪魔をする

 

非常に漠然とした事実になりますが

 

「太っていると、インスリンに関わるトラブルが起きやすい」

 

ということが、はっきりとしています。

 

結果として、糖尿病を発症するままでには
様々な要因・物質・メカニズムが関わっていますが
その1つとして、体内で脂肪酸(脂質)が増えることで
インスリンの働きを感じることができなくなるとされています。

 

そもそも暴飲暴食に関しても、インスリン機能全般の
負担であると同時に、肥満を招く要因の1つです。

 

更には「運動不足」は、食後血糖値の上昇を招くと共に
こちらもまた、太ってしまう要因の1つであると言えます。