「ギムネマ」と「桑の葉」で血糖値の上昇を抑えて下降を促す

このサイトで紹介している、血糖値の「サラシアプラス」には
「サラシア」以外にも、血糖値対策・ダイエットに効果的な成分が含まれています。

 

その中でも、サラシアと同じくらい重要な・効果的な栄養素が「ギムネマ」であり
更に血糖値にとって、それ以上とも考えられる成分が「桑の葉」になります。

 

これらは「太りにくくする」という、共通する効果に加えて
健康面において、特に血糖値対策として、非常に有効な成分であると言えます。

 

血糖値を上げずに・下げる

 

「ギムネマ」が持つ、血糖値の上昇抑制作用
「桑の葉」が持つ、血糖値の減少促進作用によって
食後の血糖値を、コントロールすることで
糖尿病とへつながる高血糖の抑制、また結果的な減量につながります。

 

「ギムネマ」の効果

 

ギムネマとは、インド(南アジア)原産の「ハーブ」であり
サラシアと同じく、古くから「漢方的」な利用をされてきた植物です。

 

その効果に関しても、サラシアと似た部分が多く
まず「血糖値上昇を抑制する」というものもあります。

 

糖分を、ブドウ糖にまで分解させないこと
それによって、吸収率を抑える働きがあります。

 

実際にギムネマの葉というのは、しばらく噛んでいると
「甘味」を感じなくなり、それによって甘いものが欲しくなくなるいう特徴もあります。

 

腸内環境の改善にも

 

またギムネマは、それ自体に食物繊維が含まれていること
更に、分解・吸収されなかった栄養素が
腸内に存在する乳酸菌の餌になることで
腸が活発になる、という作用を見込むことができます。

 

これは血糖値にとっても、ダイエットにとっても非常に喜ばしい効果と言えます。

 

「桑の葉」の効果

 

「桑の葉」とは、世界中の国で見られるそれほど珍しくない植物であり
古くから「健康茶に使うもの」といった扱いを受けてきており
また「糖尿病に効く」という考え・結果にも、非常に歴史があります。

 

現代における、最新の臨床データによっても明らかになってきており
昔の人の知恵が、正しいものであったことが証明されております。

 

実際に「血糖降下作用」「抗糖尿作用」を持ち合わせており
緩やかな血糖値現象の、サポートとなる成分でもあります。

 

「青汁」の主成分として知られる

 

現代では、主に「青汁」に含まれる有効成分として知られ
そのため「健康にいい」というイメージを持っている方も多いはずです。

 

もちろん、減量にもつながる要素である

  • 中性脂肪の蓄積を防ぐ
  • 中性脂肪の排出を促す

 

何より、「そもそも血糖値が上がりにくくなる」という
根本的・基礎的な効果に関しても、しっかりとカバーできる成分になります。