ルックルックイヌリンプラス

「白インゲン抽出物」で「デンプン」の分解を抑制する

「白インゲン」には、特に健康的な印象がない方がほとんどだと思われます。

 

それほどメジャーな食材でもなく、もしかしたら口にしたことのない
初めてその名前を聞いたという方も、珍しくはないかもしれません。

 

また、白インゲンの成分(抽出物)を配合したサプリというのも
「サラシアプラス」以外には、非常に少なく稀であることが言えます。

 

しかしながら、「血糖値対策」を考えた際には
間接的ではありますが、より大きな要因を抑制する力を持っているのです。

 

最終的に「ブドウ糖」となる成分の抑制

 

血糖値というからには、血液中の「糖分」の量(濃度)が核心と言えますが
その「カタチ」というのは<最小単位>でもある「ブドウ糖」になります。

 

ブドウ糖とは、あらゆる「エネルギーとなる成分」が
消化・分解という、代謝過程を経た後に最終的に作られる成分です。

 

エネルギーになる成分とは「最終的にブドウ糖となる成分」であり
その代表格が、多くの方がご存じの通り「炭水化物」になります。

 

「甘いもの」よりも、ごはん・パン・めんの方が
血糖値を上昇させるリスクとなるということは、今となっては常識的なことであり
その最たる理由としては、炭水化物を多く含むものは「主食」であることが多いためです。

 

そして白インゲンが持つ働きとは、この炭水化物の分解を抑制することで
最も大きな要因である、ブドウ糖の生成を抑制することにつながるものと言えます。

 

最大の脅威を減少させることにつながる

 

炭水化物の一種である「デンプン」は、「アミラーゼ」と呼ばれる
消化酵素によって、ブドウ糖に分解(変換)されることになります。

 

これによって、エネルギーとして利用できるものを作り出し
また余剰分は「グルコース」として、体内に蓄えられることになります。

 

  • 血糖値の上昇
  • 内臓脂肪の増加

 

それぞれの原因となるのです。(人体にとって不可欠な機能でもあります)

 

そして白インゲンには、デンプンのブドウ糖への変換過程の抑制
特にアミラーゼの働きを抑制する作用があるのです。

 

これはブドウ糖の生成という、最初のリスクを減らすことになります。

 

サプリで摂取することに意味がある

 

白インゲンの生食は、非常に危険なものになります。

 

しかしながら、加熱することで
ブドウ糖の生成の抑制作用が弱まってしまうのです。

 

そのため、白インゲンの効果を得たいのであれば
必然的に、サプリでの摂取が必要となります。

 

貴重な栄養素だけでなく、こういった複雑な事情を抱えた
食材の効果を得るためにも、サプリは有効と言えるのです。