ダイエットと糖尿病対策の両立

「体脂肪(贅肉)」が気になっている人というのは
徐々に「血糖値」に関しても、不安を覚え始めることになります。

 

そもそも太っている人というのは、血糖値が高いという傾向があり
この事実には、うなずける方は多いはずです。

 

というのも、

 

血糖値が高くなってしまう要因と、太ってしまう要因は重なる部分が多いためです。

 

簡単に言い表すと「食べ過ぎ」であり、「栄養過多」と呼ばれる状態が
「慢性化」することで、体重・血糖値共に「数値」が高くなっていきます。

 

たくさんたべるから、体重が増える

 

血糖値の上昇の繰り返しによって、<常時>血糖値が高くなる

 

それぞれ、きかっけは「暴飲暴食の繰り返し」ということにあります。

 

この現象というのは、年をとるごとに顕著になっていくものであり
特に30代の半ばを過ぎた人や、早い方では30歳前後で
「ヤバいな・・・」ということが、頭をよぎることになるはずです。

 

なぜなら「慢性」である期間が長いということは
それだけリスクが上昇しているということだからです。

 

これは、高血糖のその先にある「糖尿病」だけでなく
「生活習慣病」と呼ばれる疾患、その全てに共通することでもあります。

 

もちろん、だからといって「若いから大丈夫」というわかではありません。

 

気づき次第、意識し次第、即改善に向けたアプローチを始める必要があります。

 

 

何よりも大切な「予防」

 

危機感を持つことは、非常に重要なことです。

 

糖尿病(生活習慣病)というのは「予防が全て」といっても過言ではない
「なってはいけない」「なる前になんとかするべき」症状です。

 

「なってから」では、遅いのです。

 

そして高血糖の状態というのは、放置することで<ほぼ確実>に糖尿病に発展します。

 

油断は、絶対に禁物な症状なのです。

 

「要因が同じ」だからこそ「改善策」も同じものが有効

 

「糖尿病対策」と、「ダイエット」というのは
解消すべき要素が同じであり、そのため「改善策」も重なることが多くなります。

 

「同時に解消できる」状態であり、同時に解消することが効率的でもあります。

 

まず前提として

  • 食事制限
  • 運動

 

この2つは欠かせないものであり、すでに行っている方も多いと思われます。

 

それでも、なかなか改善していかない・もっとなんとかしたい場合には
プラスアルファの試みが必要であり、その際には「サプリ」が非常に有効なものと言えます。

 

なぜ「糖尿病サプリ」が有効なのか

 

「ダイエットサプリ」と呼ばれるアイテムは、非常に多くのアイテムが存在します。

 

その大まかなコンセプトとしては

  • 食べ過ぎを防ぐ
  • 脂肪を燃焼しやすくする

 

もちろん、この両方は一定の効果が認められるものになります。

 

また実際に、「痩せることができた」方もいるはずです。

 

しかしながら、一部の「糖尿病サプリ」と呼ばれるアイテムであれば
「より根本的な」要素にアプローチすることができるのです。

 

最も効率的・根本的なアプローチ

 

血糖値に働きかけるアイテムの効果としては

  1. 「インスリン」の働きをサポートする
  2. そもそも血糖値が上昇しにくくする

 

主に以上の2つがに分けることができます。

 

そして、ダイエット(減量)に効果的なアイテムは
「2」の、血糖値が上がりにくくなるサプリになります。

 

そもそもの「栄養素」の吸収を抑える

 

血糖値が上がる仕組みは単純なものです。

 

「何かを食べる」という行為によって、勝手に上昇するものであり
これは「砂糖」が含まれたものだけでなく

  • 脂肪
  • たんぱく質

 

いずれも、<最終的>に「ブドウ糖」に代謝されるものであり
体内でブドウ糖ができるということは、血糖値が上昇するきっかけになります。

 

そして、そもそも体内でブドウ糖が生成される最初の一歩が「吸収」になります。

 

この「栄養素の吸収を抑える」という要素は
2つの意味で、非常に根本的なアプローチと言えます。

 

血糖値の上昇・体重の上昇の要因が小さくなる

 

まず第一に、

  • 血糖値の上昇
  • 体重の上昇

 

それぞれも、最も単純なリスクが少なくなります。

 

これは、常識的なこととして理解されるはずです。

 

そして最も重要なことが「その結果」として、次に起きることになります。

 

体内での「脂肪の分解」が起きる

 

ブドウ糖というのは、人間が活動をするうえで
欠かすことのできない「エネルギー源」であり「ガソリン」です。

 

これが不足する・外部からの供給が減ることで
必要な分を、何とか「作り出そう」とします。

 

そして、その際に真っ先に行われるものが「脂肪の分解」なのです。

 

この考え方は、ダイエットの肝であり
「食事制限」の、最終的な目的と言えます。

 

ダイエットにも効果的な「糖尿病サプリ」とは

 

そして、このコンセプトにマッチしたサプリが
「サラシア」を配合している、血糖値対策サプリになります。

 

サラシアとは、東南アジア減産の植物であり
糖分、更には脂肪の吸収の抑制効果が認められています。

 

古くから、漢方薬として重宝されてきましたが
現在では、様々なサプリに配合される成分です。

 

実際には、サラシアが含む「サラシノール」と呼ばれる成分によって
摂取した糖分の、吸収が阻害されることになります。

 

特におススメのサラシア配合サプリが「サラシアプラス」であり
利用者非常にも多、く安心して摂取できるものであり
更には、その他の有効成分によって「腸内環境」の改善にも働きかけることができます。

 

「便秘」の解消は「最高の第一歩」

 

「便秘」という症状に関して、甘く見ている人は多い傾向があります。

 

便秘は血糖値とダイエットの敵であることを、忘れてはなりません。

 

ダイエットに関わる、非常に重要な要素である「代謝」が減少するだけでなく
血糖値を減少させるための、インスリンの分泌・機能にも問題が発生します。

 

ちなみに、血糖値対策サプリの成分として
「便秘解消」の要素も含んだアイテムは、現代の主流になっています。

 

ダイエットは全ての生活習慣病の対策につながる

 

繰り返しになりますが、「肥満」という症状は
全ての生活習慣病の根源であり、苦しんでいる人の多くに見られる症状です。

 

基本的には「それに至る過程」が問題ではありますが
太っているということは、「高血圧」やそれに付随する

  • 脳梗塞
  • 心筋梗塞

 

といった、極めて危険な症状を招くリスクとなります。

 

「痩せる」という単純な行為は、最大の対策でもあるのです。

 

「太っている」のはまだまし?「本当のヤバさ」はこれから

 

最後に恐ろしい事実を知っておいて欲しいと思います。

 

糖尿病が進行することで、最終的には痩せます。

 

心配することが減るように見えますが
この状態になってしまうと、「ほぼ手遅れ」と言える状態です。

 

摂取した栄養素が、吸収できない状態になっており
これは「吸収できる」状態よりも、はるかに深刻です。

 

「太っている」ということは、「まだなんとかできる状態」です。

 

この時点で、<何とかしておく>ことが大切なのです。

 

病気で痩せる(痩せてしまう)のではなく
健康のために体重を減らしていく、その過程において
血糖値を改善していくことを、意識して取り組んで欲しいと思います。

 

本来は、「太っちゃった」ことよりも「血糖値が高い」方がより深刻な問題なのです。