サラシアとは

「サラシア」は、知っている人と知らない人が極端な存在です。

 

「血液」や「血糖値」について知りたい人
またそれらに関して<知る必要が発生>した、という人が
調べてみて初めて知ることになる、また必ず行きつく存在でもあります。

 

サラシアとは「植物」であり、そのまま食べるものではなく
「漢方」的なものとして、実ははるか昔から利用されてきたものになります。

 

現在では、科学的な検証が成されているものになりますが
昔は<そんなことはさなれなくても>利用者の実感・経過から
「体にいいもの」として、主に健康目的で使用されてきました。

 

現在も、非常に貴重なものであることには変わりなく
一部(南アジア・南アメリカ)で採取されたものが
相変わらず漢方として、また「サプリ」としてますます活躍しています。

 

「血糖値」の上昇を抑える

 

サラシアの効果として、まずは「血糖値の吸収を抑える」ということが挙げられます。

 

サラシアに含まれる「サラシノール」と呼ばれる成分によって
腸内での、ブドウ糖の吸収が阻害されることによる効果であり
これは高血糖への対策のとして、非常に根本的な要素と言えます。

 

そもそも、血糖値が上昇しないことで
高血糖状態に陥るリスクを減らすことができ
また、血糖値の上昇を抑える「インスリン」の負担も減ります。

 

糖尿病に至る決定的な要因は、インスリンが機能しなくなることであり
そのリスクを抑えることは、<これから先>を考えるうで最も重要なものになります。

 

血糖値だけにとどまらない抑制効果

 

そして、サラシアの持つ抑制効果は
血糖値にとどまらず、「脂質」にも同じ働きをするものになります。

 

脂質とは、「肥満」につながる決定的な成分であり
結果的に「高血圧」といった、高血糖と同じくらい
体に悪影響を及ぼす現象を招くものになります。

 

基本的に「過剰なことが体にとってよくない」物質を
体が取り込むことを、防ぐ働きを持っていると考えられます。

 

血液が綺麗になるメリットは無限大

 

これらは、「血液を綺麗にする」ということにつながるでもあり
そもそも、体にとってデメリットのある物質が<なぜ悪いか>と言えば
最終的に、血液の質を落とすからに他なりません。

 

高血糖に関わらず、高血圧の原因は「血液の汚れ」であり
これらは結果的に「動脈硬化」と呼ばれる事態を引き起こすことになります。

 

動脈硬化は、あらゆるトラブル・合併症を招く<黒幕>とも言える存在であり
中高年の健康習慣は、動脈硬化を防ぐためであると言っても過言ではないのです。